170623

将棋界にひときわ輝きを放つ伝説が誕生した。藤井四段が公式戦最多連勝記録の28に並んだ。挑戦権を得られるA級に入れば史上初の10代で名人になる可能性がある。ぜひ、新たな高みへ挑み、いまだ見ぬ景色を見せてほしい。

170621

都道府県別死亡率調査で青森県がワーストだった。阪神・淡路大震災のあった1995年を除き、1975年からずっとワーストである。県民の塩分摂取量は1日平均11gもあり、目標としている8gには届かない。県の担当者は野菜の摂取と禁煙、健診の受診率向上を呼び掛け…

170620

アスベストは、日本で多種多様な工業製品に利用され、高度経済成長期に日本中のビル、住宅の建築現場で欠かせぬ資材となった。ところが、吸うと肺がんや中皮腫になりやすいと海外で禁止が相次ぎ、被害が日本国内でも現実になった。11年前に国内でも全面禁止…

170619

受動喫煙の対策を強化する健康増進法改正案は今国会に提出されなかった。飲食店での禁煙は今や世界のすうせいである。自民党は2020年の東京五輪に向けてと共謀罪法を強引に成立させたのに、同じ理由で規制を図る飲食店での禁煙は腰が引けている。自民党議院…

170618

福島県矢祭町では、放射能汚染の県外避難を解消すべく、町内の遊休地を沿岸自治体の機能と避難者受け入れ地にする構想があったが、頓挫した。県は、矢祭町が放射性廃棄物を受け入れてくれると勘違いしていたためだ。実現していれば、児童生徒に対する避難先…

170507

福島県国見町に道の駅国見あつかしの郷がオープンした。地元食材を利用した郷土料理やスイーツを提供し、宿泊用客室も備えている。知名度は高くないが、町や周辺には名所や旧跡が数多く点在している。駅名は奥州合戦の主戦場となった国史跡あつかし山防塁に…

170430

大型化連休が始まり、就職や進学など新たな環境に身を置いた若い人にとっては、一息つくときだろう。ゼロからの一ヶ月で気苦労も多かったのではないか。でも、自分がいつかこの地の全ての人の力になることを信じて、根気強く日々努力を積み重ね、一歩ずつ成…

170506

山形県の合宿免許が首都圏の若者から熱い支持を得ていると知ったのは30年前だか、最近ひょんなことから再認識した。それは、三月以降に山形県内で流行したはしかだ。発端は置賜地域の自動車教習所だった。日本土着のはしかは国内で確認されておらず、集団感…

170502

仙台市立中学生の自殺が、三年間で三人目となった。わが子はなぜ自ら命を絶ったのか。遺族の親の悲痛な問いだろう。その理由を求め、裁判を起こしたり、市教委に再調査を訴えている。事実一つを知るにも学校の壁は厚い。2015年に中学生が自殺した福島県矢巾…

170503

言論の自由を脅かすものには敢然と筆で立ち向かってゆきたい。30年前の5月3日、朝日新聞が散弾銃を持った男に襲われ、記者二人が殺傷された。亡くなった記者と遺族の無念は報道に身を置くすべての者に伝わる。事件の公訴時効成立を受けて作家の辺見さんが社…

170504

寄り添うという言葉の本来の意味は体が触れるほどぴったりとそばに寄るである。一朝一夕にできる距離感ではないが、昨今、手軽な政治用語になっている。被災地に関する政治家の発言の不祥事の火消しによく使われるようになっている。被災地が仕事場である復…

170424

つらい出来事や悲しみを乗り越えて生きていくためには、夢を持って前に進んでいこうというメッセージをこめたミュージカルの公演が始まった。慶長遣欧使節団が出航した二年前に慶長津波が仙台藩を襲った。被災からの歳月の短さに使節派遣団は被災地復興策だ…

170423

東京電力福島第一原発の構内で仕事をしている人々は大半の区域を防護服なしで歩く。凄惨な戦場のようだった原発にも日常がようやく戻りつつある。しかし、原子炉建屋の内側には溶融燃料が手つかずで残されており、廃炉への作業は40年続くといわれている。廃…

170421

今、世間では第三の将棋ブームといわれている。将棋が関わっている映画が相次ぎ公開され、将棋の最年少プロ棋士藤井四段が連勝記録を更新中で注目を浴びている。山形県の将棋駒組合も、いい駒を作って将棋ブームを後押しするつもりでいる。

170420

山本地方創生担当相が文化学芸員の仕事ぶりについて、文化財の説明や案内が不十分だと指摘した。ただ、そもそも学芸員の仕事は、調査研究である。そこに集中することで展示物の価値がより高まり、訪れた方へのサービス向上につながる。

170416

昨年起きた熊本地震で南阿蘇村を走る南阿蘇鉄道が10の駅を結んだが、地震後に再開できたのは5駅分のみ。残りの復旧費の目処はたっていない。6つ目の駅である長陽駅にカフェがあり、そこの店主は駅でイベントを催したり、SNSで南阿蘇村や南阿蘇鉄道の応援を呼…

170417

インカ帝国の時代のアンデスの住民は高度の違う4つのジャガイモ畑をもち、収穫の危機分散を行っていたという。まさに、現代にも通じる生きる知恵である。昨夏の北海道でおきた台風の影響で、ジャガイモが不作となり、ポテトチップスの一部商品が販売終了や…

170414

北海道函館市が大間原発の建設差し止め訴訟の費用にふるさと納税による寄付を充て始めたことに疑問を感じる。本来、ふるさと納税は地方の活性化を目指す趣旨で始まったはず。さらに、この先原発推進の人が市町になったら、どうなるのだろうと考えてしまう。…

170412

フィギュアスケート女子の浅田真央選手が引退を発表した。首に重荷を掛けられた人が手を広げてすくっと立っているように見える央という漢字は、字形の首かせが外すに外せないということから、願い求めるの意もある。この人の首かせはきっと届かぬ金メダルだ…

170411

沿岸部の市街地を破壊した津波は海底の様相も一変させた。東日本大震災の被災三県で、進めてきた海図の改訂が完了したが、津波被害が大きい港湾の海図をみると、海底に散乱したがれきの記号が無数に点在している。釜石港の海図は大震災の後に改訂され、湾口…

170408

東北楽天イーグルスが開幕戦から五勝一敗と首位を走っている。3年連続Bクラスの球団であり、開幕前の順位予想でも低かったが、この調子が続くものと信じている。

170409

校外活動における教師の務めは生徒を無事に帰すことだ。栃木県大田原高山岳部で登山講習中に遭難事故で多数の生徒が犠牲になった。救助された生徒が、雪が降り続く悪天のなか、登ることに不安を覚えたと語っている。この不安こそ命が発する安全のセンサーで…

170407

古里と家族から離れて苦しむ原発事故の自主避難者に対し、行政はまるで他人事のように冷たい対応をとっている。自主避難者への住宅無償提供の支援を3月末で福島県が打ちきった。今村復興相は国の責任を問われると、自主避難者の責任だと記者会見で発言した。…

170406

東日本大震災の復興事業で、談合が行われた疑いが強まったとして、公正取引委員会がゼネコンに対し立ち入り検査を実施した。しかも、震災絡みでは、高速道路復旧工事費で有罪判決を受けたばかり。被災地は今とにかく震災前の姿を取り戻そうと誰もが力を振り…

170405

テロや紛争で犠牲となるのは、常に民間人である。ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で自爆テロとみられる爆発が起き、多数の死亡者や重軽傷者がでた。プーチン大統領の出身地で里帰り中の事件であり、ロシアが内戦に介入するシリアなどとつながりのある…

170404

既に仕事で失敗し落ち込んでいる新入社員へ次の言葉を贈りたい。失敗し落ち込むことがあっても、肝心なのは間違いの原因を追求し、次につなげることである。これは、羽生選手が説いている言葉だ。先日のフィギュアスケートの世界選手権でショートプログラム5…

170403

原発避難指示が解除されても、生活環境はすぐには元に戻らず、地域再生も始まったばかりだ。原発事故で避難を余儀なくされた女性農業者らでつくるNPOの活動の一環として、飯舘村特産カボチャの種を絶やさぬよう避難先で農地を開墾し、栽培を行なっている。避…

170402

先日、千葉県の排水路脇で女子児童の遺体が見つかった。児童が犠牲となった過去の事件をきっかけに、子供たちが犯罪に巻き込まれないよう警視庁は防犯標語「いかのおすし」の歌をアニメで作成しウェブサイトで公開し啓蒙活動を行っている。 ただし、子供が自…