読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170502

仙台市立中学生の自殺が、三年間で三人目となった。わが子はなぜ自ら命を絶ったのか。遺族の親の悲痛な問いだろう。その理由を求め、裁判を起こしたり、市教委に再調査を訴えている。事実一つを知るにも学校の壁は厚い。2015年に中学生が自殺した福島県矢巾町では先月町いじめ防止対策条例が施行された。住民あげて子供を見守る取り組みという。学校、家族、地域が再びつながらなくてはならない。