170618

福島県矢祭町では、放射能汚染の県外避難を解消すべく、町内の遊休地を沿岸自治体の機能と避難者受け入れ地にする構想があったが、頓挫した。県は、矢祭町が放射性廃棄物を受け入れてくれると勘違いしていたためだ。実現していれば、児童生徒に対する避難先でのいじめも、なかったのではないかと思うと、口惜しい。

広告を非表示にする